IT系のフリーランスとして働く場合の注意

多様化した働き方の一つにフリーランスがあります。
ネット社会の躍進によって大きく注目されてきた働き方でしょう。
職種としては、IT系が一番向いているように思われます。
IT系といっても多様ですが、「ブログを運営して収益につなげるタイプ」や「受注型で仕事をこなしていくタイプ」などさまざまです。
フリーランスのメリットは、まず会社員ではないので「勤務時間」と「仕事をする場所」を自由に選べることが挙げられます。
しかし、一方でデメリットも多くあるのも事実でしょう。
自分のペースで働くことができますが、モチベーションの維持や自分自身に甘くならないことが注意点となります。
収入が安定しないことも心得ておかなければなりません。
IT系でもエンジニアやデザイナーなどの多くは、「受託」というスタイルで仕事をしていくことになりますから、こまめな「営業」も必要となってきます。
継続性の高い仕事を多く受注できることが収入安定のためのポイントです。
フリーランスはクレジットカードを作りにくい、賃貸契約に不利だとよく言われているように社会的な信用度が低く見られる傾向にあります。
また、会社員の場合には自動で入ることになる「社会保険」などがないことも考慮に入れて、必要になる金額を差し引いて収入を考えるべきでしょう。
税金なども、自分で後払いすることがほとんどとなってきます。
しっかりとした計画と自分を律する精神力に優れた人でないと、一旦ルーズになりだすとどこまでも沈んでいく可能性もあるのです。
注意すべき点は多々ありますが、そこを理解して備えておけば、活躍の場も広いフリーランスは大変魅力的な働き方と言えます。
この《フリーランスで活躍するならこの職種》ではIT系の職種としてシステムエンジニアについて紹介されているので、一度覗いてみて、フリーランスになるかどうかを検討してみてはいかがでしょうか。