数々の魅力があるフリーランス

フリーランスのITのエンジニアという職種ならではの魅力とは「自分でやりたい仕事を選べる」ことや、「やりがいを感じる事ができる仕事を行える」という点と言えます。
さらには「自分の能力が相手に貢献していることを実感できる仕事に出会える点」もそれに当たります。
また、仕事の中でも「作業をする時間にある程度の融通が効かせる」ことができるのも、フリーランスの魅力の1つです。
サラリーマン時代にあった、組織の利益を最優先に考えて、突然の残業に対しても拒否できずに行うということは滅多にないでしょう。
そのため、「プライベートな時間を自由に確保できる」だけでなく、「自身の体調管理も簡単に行える」ため、サラリーマンのよりも体調が良くなることが多いかもしれません。
また、「人間関係についてはシンプルにできる」という点も魅力です。
サラリーマン時代は上司との折衝を始め、チームメンバー、他の部署との交渉が多すぎるため人間関係に疲弊することもあるものです。
ですが、フリーになるとそうした人間関係はほとんど無くなり、システム開発をするときでも人間関係の煩わしさを極力避けて仕事ができるようになる可能性があります。
フリーランスの場合は「無駄な完璧主義に陥らない点」も大きいです。
サラリーマンの場合は他部署や上司と関わることが多いため、それぞれに説明するための資料を作るのですが、何故かそのときに完璧な資料を求められることがあります。
それを作るには時間がかかったり、チェックされるたびに疲労感を感じてしまうためとても煩わしいものですが、フリーの場合は必要な作業だけ行うことができるので、気持ち的に楽になるでしょう。